2009年11月24日

劇団風の子 おさな星のうたたね

言葉の面白さ、
身体表現の面白さ、
まるで絵本をみるような世界観で
見ている人を不思議な世界につれていってくれた。

大人は子供の頃に、
子供は・・・。

現代の子供はテレビなどの影響、
また加速している情報社会のなかで、
テンポの速い作品になれている。
テンポが速いがわかりやすい世界観だ。

「わからん」と前の子供が言っていた。
けれど、観なれている子供はその世界にのめりこんでいる様子だった。
口をあけながらまっすぐ舞台から目をはなさない子供もいた。

子供たちが劇場に足を運んでいること、
なによりもうれしいことで、
私はこういう風景をみるのが・・・本当に好きだ。
posted by CHIE at 10:35| 兵庫 ☀| Comment(47) | TrackBack(1) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレジー

大阪放送劇団さんのエレジーを観て来た。

年配のお客様も多く、またキャストも年配の方が多い。
けれど、私は実は年を重ねた方の演技が好きだ。

蜷川も高齢者をあつめて芝居をしていたが、
やはり人は年を重ねていくと深みがでてくると私はおもう。

台本も清水邦夫さんの戯曲で面白かった。
けれど、まだまだ青い私はこういう作品の上演は難しいし、
また違った表現をつづけていたいなぁと思った・・・。
posted by CHIE at 10:30| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

仮面ライダー

進められてはじめて見た、仮面ライダー

なぜ仮面ライダーが仮面ライダーであるかを
ようやく知った。

くさい台詞がおおいけれど
その台詞も慣れれば「かっこいい!!」と感じてしまう
ライダーマジック!!

詳しくはわからない、
けれど魅力ある世界仮面ライダー。

少しずつテレビシリーズを見てみようと思う。
posted by CHIE at 23:24| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルマーレ

このお話好きですね。

時をこえて人が人とめぐり合う部分ももちろんですが、
その描き方の構成。
二人が精神的な部分にひかれあう部分がもっとも
ロマンチックに感じます。

韓国映画作品で
『初恋のきた道』もそうですが、
性的描写をまったく描かず
むしろ、恋愛をしている当人たちが
会うこと、会話を交わすことも
ない作品は、精神的愛の力を強く感じる。



posted by CHIE at 23:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モスラを待って

映画撮影の現場で起こるいろいろな問題が描かれた
バックステージもの。

何人もの登場人物が大晦日の撮影に奮闘するが!!
それぞれに、よい映画をつくりたいという気持ちはあるが、
いろいろと食い違っていたり・・・
女優同士は仲が悪かったり・・・。

そんなトラブルの面白さと
剣幸はやはり宝塚からでてきた女優さんという
オーラが非常に印象的な作品。

posted by CHIE at 23:13| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虹の女神

上野樹里の魅力が強く出いている映画。
映画に夢中になっている大学生を演じる。
市原隼人の演技もいい。
切なく心に響く、大学時代を描いた作品。


大切な人がそこにいること
大切な人がいなくなること
大切な人を感じること
いまそこにある幸せ

観終わったあとに
電話をかけたくなった。
posted by CHIE at 23:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『THIS IS IT』

マイケル・ジャクソンのライブのリハーサル映像などをまとめた映画、
『THIS IS IT』を観ました。

マイケルが未来を考え、観客のことを考えながら、ステージに向かおうとしていたことが伝わってきて、とても苦しかった。悲しくなった。
 
マイケルの子供のように純粋でかわいい部分、そしてやさしい部分。

彼は人を大好きで、「愛している」という言葉をたくさんたくさん言っていたこと。

愛し、愛されて人が生きていることを強く感じた。

映像が残っていて本当によかった。
posted by CHIE at 22:46| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

『8 beat see』 

劇団演陣第15回公演 『8 beat see』 2009年11月8日(日)



大手前大学 伊丹キャンパス Bホール
(雨の場合は N305教室になります。)
JR猪名寺から五分 阪急稲野から三分


14:00開場 14:30開演
(このお時間にどうしてもご覧頂けない方は、10時半からリハーサルをご覧いただけますので、Bホールまでお越しください!!)


【料金:全席自由】無料!!(カンパ制)



8人の劇団員がショートショートに挑戦。
いや、今までも劇団演陣はショート作品をやってるはず!
いや、そうなんです。

が!

今回はショートショート!
もっというなら、ショートショートショート!!!
短い作品をさらに短く、テンポよく、
まるで音楽のように上演!!
どうぞ、劇団演陣を肌で感じてみませんか?


短編作品をやりつづけて三年がたちました。
あまり、ブログに宣伝はしないけれど、
今回宣伝があまりできてないし、お客サマもすくないだろうから・・・。
自信も大変ないし・・・

短編作品はこの作品で当分お休みと考えております。
次は少し長めの作品を予定!!
よければ、大手前大学、文化祭、お越しくださいませ!! 
posted by CHIE at 23:18| 兵庫 | Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクバの王子サマ

三十二歳英語教師 タカコサマは
婚約者のいる二十五歳の男性に惹かれてしまう。

三十二歳の生々しい恋愛や心情を描いた
魅力的な作品。

子供はまだ読んじゃダメ!!
大人になった人に読んでほしい作品。

登場人物の孤独や想いが色々と伝わってくる。
posted by CHIE at 22:47| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

私の大好きな人

私は何かに困ったとき、力をもらう大好きな人たちがいます。
直接会う人もいますが、
それは本だったり、考え方だったり、生き方だったり・・・。

そんな、4名の女性のお名前をご紹介します。

美容アドバイザー 佐伯チズさん
JAZZシンガー   綾戸智絵さん
IKKOさん 
そして、美輪明宏さん

私は普段、この4名から色々なパワーをもらっています。
もちろん、日常的には、両親から、
友人から、また劇団員やお客様の笑顔から力をもらっています。
その私の大好きな人たちがいるからこそ、私はこうやって
毎日を歩いていけるのだなぁと最近常々思います。
posted by CHIE at 08:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。