2009年11月24日

劇団風の子 おさな星のうたたね

言葉の面白さ、
身体表現の面白さ、
まるで絵本をみるような世界観で
見ている人を不思議な世界につれていってくれた。

大人は子供の頃に、
子供は・・・。

現代の子供はテレビなどの影響、
また加速している情報社会のなかで、
テンポの速い作品になれている。
テンポが速いがわかりやすい世界観だ。

「わからん」と前の子供が言っていた。
けれど、観なれている子供はその世界にのめりこんでいる様子だった。
口をあけながらまっすぐ舞台から目をはなさない子供もいた。

子供たちが劇場に足を運んでいること、
なによりもうれしいことで、
私はこういう風景をみるのが・・・本当に好きだ。
posted by CHIE at 10:35| 兵庫 ☀| Comment(47) | TrackBack(1) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エレジー

大阪放送劇団さんのエレジーを観て来た。

年配のお客様も多く、またキャストも年配の方が多い。
けれど、私は実は年を重ねた方の演技が好きだ。

蜷川も高齢者をあつめて芝居をしていたが、
やはり人は年を重ねていくと深みがでてくると私はおもう。

台本も清水邦夫さんの戯曲で面白かった。
けれど、まだまだ青い私はこういう作品の上演は難しいし、
また違った表現をつづけていたいなぁと思った・・・。
posted by CHIE at 10:30| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。