2006年09月05日

大正ロマン

今日は美人画を観に『竹久夢二と大正ロマン画家展』に行ってきました。
美人画を観るのは大好きです。
目の保養というのでしょうか?
もちろん、素敵な女性になりたいという「あこがれ」の心もあります。

今日の作品は女性を描いているためなのか、アールヌーボ?の影響からなのか、曲線で描かれている作品が多かったように感じます。

単純な私は曲線は女性らしいのだ!!
とか、顔や髪のあたりに手持ってきている
絵が多いことに注目!!し、顔や髪に手を持ってくる動きは色っぽいんだ!!

と勝手な考えを深め、芝居でも女性にスポットを当てたいときに
使おう!!とかまた演劇につなげて考えてしまうのでありました。


★★★★★



posted by CHIE at 23:50| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹久夢二私も大好きです!!去年見に行きました☆構図とか着物の着かたとか…とっても綺麗。詩的な絵ですね☆夢二の絵のような女性になりたい…と云うのが願いです☆☆
Posted by かなえ at 2006年09月06日 20:25
かなえさんへ

夢二お好きなんですね。
うれしいです。

もしよければ、夢二以外にも
かなえさんのオススメの画家さんや作品あれば
教えてくださいね。

私はちなみに「きたのじゅんこ」の絵も好きなんです。
Posted by CHIE at 2006年09月06日 22:59
今晩は☆きたのじゅんこさん…名前は知ってるけどすぐに絵を思いだせません(ノ_・。)私が好きな絵画はモローやルドン。ボッスと云う宗教画の人が好きです☆挿絵では高畠華宵がめっちゃ好きです♪頽廃的な物が好きみたいでビアズレーなんかも好きですね。好き嫌いが別れ易い系統ばかりです…華宵は絵の衣装や小物が素敵です。
Posted by かなえ at 2006年09月08日 20:59
モローは物語や歴史が見えてきそうですよね。
ルドン、ボッスは初めて知りました!!
また、機会があれば、順に観たいなぁと思います。

ありがとうございます。
Posted by CHIE at 2006年09月12日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。