2006年09月09日

鴻上尚史の魅力

今日演出家であり、劇作家である鴻上さんの
『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント』を読みました。

この本は日常でも演劇でも使える考え方を色々と紹介してくれています。

印象に残っているのは三つの輪です。
人は話をする際に三種類の話方を使っているという考えです。

第一の輪 自分に話す言葉(独り言、考え事などなど)
第二の輪 相手と話す言葉(関心は相手(物の場合もある。))
第三の輪 みんなと話す言葉(相手が二人以上)

みんなと話をしていても話のうまい人は第一の輪や第二の輪を使いながら話すことがある。など話方のヒント、そして自分の振り返りが出来る大変面白い本です。よければあなたも読んで一緒に魅力を演出しましょう!!

18834
posted by CHIE at 22:17| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。