2006年10月16日

『子育てハッピーアドバイス』

11月公演が育児に関する公演のため、育児についての本を読みました。
予想以上に面白く、すぐに読みきってしまいました。

子供との付き合い方、話の聞き方、甘えについて
そして読者の親と子の心あたたまるエピソードなど、
読んでいて、この本を沢山の人に読んで欲しいと思いました。

お父さんやお母さんだけでなく、
子供と向き合う仕事をしている方、人と向き合う仕事をしている方、
これから子育てをする方、学校の先生、幼稚園の先生にも読んでほしいと
思いました。(漫画もついていて、とても読みやすい本です。)

子育てに関するアドバイスなのですが、子育てでなく日常の人間づきあいのアドバイスにも十分応用できる本でとても勉強になりました。
たとえば・・・・

「がんばれ」より、「がんばってるね」と認めるほうがいい。

「頑張れ」と「頑張ってるね」って全く違う言葉で「頑張れ」って頑張ってる人に言えば辛い言葉になってしまうし、人を選ぶ言葉だと書いてありました。「頑張ってるね」はねぎらいの言葉で相手を認めている言葉なんですね。
posted by CHIE at 23:19| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。