2005年05月12日

『菊次郎とさき』

北野武さんの本です。短いし読みやすい。北野監督映画を観たことのある方にお勧めの一冊です。

何かこころが温かくなる、家族の大切さ温かさが伝わってくる一冊です。
posted by CHIE at 21:55| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。