2007年08月28日

宝塚大劇場

宝塚バウホールには行った事があるのに、
大劇場で舞台を観たことのなかったCHIEは生まれて初めて
歴史のある宝塚大劇場に行ってきました!!!
住んでるところは近いけれど、
見る機会になかなか恵まれなかった宝塚歌劇。

初めてみた印象は劇団員の努力を感じました。
宝塚以外ではミュージカルなど色々観たことがありましたが、
やはり流石!!踊りや自分を美しく魅せる技術など本当に努力の汗が結晶になるとこんな形になるんだと思いました(汚い汗の話ではなく、美しい汗なんですよ。)

また、女性が演じる男性というものに色気を感じました。これは、歌舞伎の女形もそうですが、この独得で非常に美しい魅力は子供の頃に見ていたら、きっと今私は追っかけをやっていたことでしょう。
っと、母がふとCHIEが舞台の感想を言っていると、
「やっぱり子供の頃に見せなくてよかったわぁ。あんたはすぐ影響受けて、大変なことになってただろうからね。」
と一言。
流石、母上すべてお見通しのようです。

さてさて、話はもどって劇場の話へ
昔はどうだったのかわかりませんが、
大劇場、現代の最新技術を使った装置が山のようにありましたね。
けれど、何故か昭和の香り感じさせる昔ながらの雰囲気が感じられました。ここもまた一つの魅力?!

演目にもよると思いますが、
初宝塚大劇場による宝塚歌劇は『美しい』この一言につきます!
posted by CHIE at 23:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53078563

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。