2008年04月12日

タイタニック

3月28,29日

昔はあまり好きでもなかったけれど、
今回、見直してみるとこのシーンはこの場面でいきているのか、
と作り手の意図が少しずつ開示されてく。

自由が欲しかった少女が
自由に生きている少年に惹かれ恋に落ちる。

惜しいのは、やはりプラトニックな部分がもう少しあれば
愛の強さがもう少し重みをもったようにも思う。

年をとった少女役の方が本当にすごい!
posted by CHIE at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。