2008年12月02日

コロー

自然と自分の周りの人を描いたコロー

優しく描かれた彼の作品からは、
自然と自然を愛する優しさが感じられる。

posted by CHIE at 09:17| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

ITAMI クラフト&アートマルシェ

今日、伊丹でやっているアーティストによる青空市をみてきました。
アーティストそれぞれの作品へのこだわりや、彼らのすごしている
充実した時間が感じられるようで、
時間をのんびり感じることが出来た。

優しく、あたたかく。
いつの間にか笑顔になれる。
そんな時間があった。

アートは平和象徴なんだなぁ。
posted by CHIE at 23:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

ムンク展

3月30日

ムンク展

ムンクのすさまじい過去がみえてくるかのような作品。
何が面白いかというと、そのムンクという人の人生そのものが
物語のように語ってくるようである。
posted by CHIE at 00:02| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

国立国際美術館

昨日と今日は関西文化の日!!
無料となれば、色々観にいきます!!
交通費がかかりますが。

昨日は国立国際美術館に
現代美術の横尾忠信などの作品を観ました。
やっぱり、現代美術は面白い。
象徴的で「考える」ことをさせてくれる。
これは何だろう・・・・って疑問を感じ
考える作品は好き。

posted by CHIE at 10:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

落語ミュージアム

本日、落語みゅーじあむに行って来ました。

実際に落語をする側の席に座れるんですね。
とっても新鮮。
落語.jpg
posted by CHIE at 00:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インスタントラーメン発明記念館

安藤百福さんの言葉に心をうたれました。

「発明は日常生活のなかにある。」

何かを成し遂げる人は前向きで、
研究熱心。

彼もまたその一人です。

彼がチキンラーメンを発明したのは戦後すぐのこと。
一軒のラーメン屋さんに寒い中行列ができていてでした。

人は・・・ラーメンいっぱいのために寒い中、並ぶ。

こんな日常での気付きが世界で食べられるラーメンの誕生でした。

私はこんなにも日常生活に目を向けられているだろうか。
ちっさなことから一歩ずつ。

そんな前向きな気持ちを感じてきました。
posted by CHIE at 00:06| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

ランプ

神戸らんぷミュージアムに行ってきました。

19世紀のランプの明かりの部屋の再現があったのですが、
ランプって意外と暗い、と思いました。
4つも5つもランプがついているのに豆電球のような明かりなのです。

もちろんランプの種類にもよるのだと思いましたが、
その暗さの中に出来るほんのり明るい雰囲気がたまらなく
色っぽくそして温かく感じました。
posted by CHIE at 23:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星の王子さま展

昨日、神戸の大丸で『星の王子さま展』を観にいってきました。
初日なので、NHKの取材も入っており、
沢山の方がこられておりました。

私が一番記憶に残っているのは、岸田今日子さん朗読の
星の王子さまです。

その音声を聞いたとき、
子供のころにはきちんと感じれなかった、
星の王子さまを少し感じた気がしました。

彼が書いたフランス語での意味は翻訳によって色々と
大きく表現がちがいますが、
サンテクジュペリはとても繊細で優しい人だったのだろうなぁ。
そう思います。
posted by CHIE at 23:11| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

貯金箱ミュージアム

尼崎にある貯金箱ミュージアムに行ってまいりました。
貯金箱は古い時代の流行や風習などが繁栄されており、
面白いキャラクターのもの、からくりの貯金箱など
貯金箱の世界を満喫いたしました。

posted by CHIE at 23:29| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

人体の不思議展

本当の人体が展示されているという人体の不思議展に行ってまいりました。
普段ならば、私が絶対に行かない、むしろ行きたくないジャンルの展示会ですが、チケットをいただいたので、行くことにしました。

自分の体のなかにもある臓器であったり、小腸、大腸、血管、骨、皮膚なのですが・・・何故か・・かなり苦手です・・・。
私は医者や看護婦さんにはなれない人種だと再認識。

けれど、苦手なのにしっかりみてきました。
自分の体は以外にも重なるように筋肉があるのだなぁと感じ、
使ってない筋肉が山ほどあることに気付きました。

このような研究が沢山されることによって医学の進歩があったのだとも考えました。
posted by CHIE at 23:33| 兵庫 ⛄| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

リサとガスパールの原画展

阪急百貨店で12月6日からリサとガスパールの原画展がやっています。
原画をもう一度見ておきたい!!と思い梅田へ。
(実は6日にも観にいきました。たまたま梅田に行ったらたまたまやっていて運命を感じました!!)

リサとガスパールは犬のようなうさぎのような、妖精のような、天使のような不思議な子達です。

彼女達のやり取りは優しい気持ちをくれます。
子供が思いつきそうないたづらやお母さんへのプレゼント選びなど
描かれているテーマ(?)はとても身近なもの。

その中にはこの絵本の作家夫婦の家族風景が伝わってきます。
会場で流れている作家夫婦の二人の雰囲気は本当にあたたかく
こんな家庭をいつか持ちたいという気持ちにさせてくれます。

posted by CHIE at 23:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

エコール・ド・パリ展

20世紀全般にパリで活躍した画家の作品などの展示会でした。
美術を詳しく語れるほど知識はないけれど、

キスリングの『イングリッドの肖像、スウェーデンの少女』やルソーの作品が非常に私の好みでした。

絵そのものを観て感動したのはもちろんだが、
それ以上に今日はそこに書かれている解説の表現力に正直驚かされた。

その絵そのもの、画家の人生や心情を見事に分析し、
美しい言葉で説明しているその言葉に私は本当に感動した。

その後、同時に行われている
『コレクション展』も見学。
現代アートや日本画、版画、写真など、たくさんの作品の中でも
私は現代アートに興味が沸いた。

それが「何」を表現しているのかクイズを出されているような
遊び心と、そして新しい刺激が沢山詰まっているからだ。
いい素材をみつけたら、「あっ、今度舞台で使おう!!」
などしっかり自分の参考にしている。
posted by CHIE at 23:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

大正ロマン

今日は美人画を観に『竹久夢二と大正ロマン画家展』に行ってきました。
美人画を観るのは大好きです。
目の保養というのでしょうか?
もちろん、素敵な女性になりたいという「あこがれ」の心もあります。

今日の作品は女性を描いているためなのか、アールヌーボ?の影響からなのか、曲線で描かれている作品が多かったように感じます。

単純な私は曲線は女性らしいのだ!!
とか、顔や髪のあたりに手持ってきている
絵が多いことに注目!!し、顔や髪に手を持ってくる動きは色っぽいんだ!!

と勝手な考えを深め、芝居でも女性にスポットを当てたいときに
使おう!!とかまた演劇につなげて考えてしまうのでありました。


★★★★★



posted by CHIE at 23:50| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

鉄道模型展

鉄道に詳しいわけでもありません。
作ったことがあるわけでもありませんが、
鉄道模型展に行ってきました。

ふるーい電車のデザインって乗ったこともないのに・・・
何故か懐かしさを感じ、
細かい作業でそれを作っている人に感心し、帰って来ました。

posted by CHIE at 23:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。