2008年04月13日

UDON

主人公の父、木場さんの演技が良い。
彼の存在でこの映画はきまった。
posted by CHIE at 00:01| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

タイタニック

3月28,29日

昔はあまり好きでもなかったけれど、
今回、見直してみるとこのシーンはこの場面でいきているのか、
と作り手の意図が少しずつ開示されてく。

自由が欲しかった少女が
自由に生きている少年に惹かれ恋に落ちる。

惜しいのは、やはりプラトニックな部分がもう少しあれば
愛の強さがもう少し重みをもったようにも思う。

年をとった少女役の方が本当にすごい!
posted by CHIE at 23:59| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾!

4月7日

しんちゃんが飼っているわんこ、シロとしんちゃんの友情を描いた内容。

物語そのものは深みは無かったが、
やはり戸田恵子の声、最高であります。
posted by CHIE at 23:52| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

世界の中心で愛をさけぶ

森山未来君が走る姿がいい。
ダンスをやってたこともあって、
筋肉がいい。

大好きな高橋一生君も出ている作品。
posted by CHIE at 23:31| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

エンジェル・アイズ

警官シャロンを演じるはジェニファー・ロペスが
とてもカッコイイ映画。彼女は強い女性が良く似合う。

ヒーローはジム・カヴィーゼル。
謎に満ちた雰囲気と悲しい過去。
ミステリアスで社会的なラブストーリー。

ジムの瞳が美しい。
引き込まれる。

二人の不思議な惹かれあいと
彼らの抱える問題は社会を繁栄している。

過去との葛藤や家族をしっかり描いたヒューマンストーリーでもある。
posted by CHIE at 22:35| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

パコステ人

宮崎あおい、15歳のときの作品。
大泉洋も出演。豪華な出演メンバーだが
お話がちょっと私好みではなかったです。
面白そう!!と思ってみてみたのですが、
ファンタジーなのはOKだけど、
リアルに感じられる部分が欲しい!!

家族を描き、北海道を描いている部分は非常に好き。

とても暇で時間があればみてください。

posted by CHIE at 23:46| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

世界で一番パパが好き

出産後妻を亡くした夫が子供と生活して行くお話。

本当に大切なものって
仕事のための家族ではなく
家族のための仕事で

一緒の時間を共有できることって本当に大切。
そう思える作品。
posted by CHIE at 18:49| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

『武士の一分』

木村拓哉出演作品。
木村拓哉の目には色気がある。

この作品は木村拓哉の目を見せるための作品といっても
過言ではない。

だが、もっとも私自身が気に入ったのは
作品そのものの緊張と緩和。
主人公である武士の家族とのやりとりの緩和と
不幸な運命の激しい緊張感のあるシーン。
この見事なバランスが一つの作品の中に
何度も感じられ、非常に驚いた。


posted by CHIE at 21:08| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

『Once ダブリンの街角で』

音楽って本当に不思議。
言えない言葉や思いがあふれてくる。
そんな音楽の力強さと夢や希望そして
芸術が作り出す愛の形。

恋人とも夫婦とも言えない。
これは愛の映画。

私の人生を音楽で輝かせてくれたのは君。
posted by CHIE at 21:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

オリヲン座からの招待状

出張から帰ってきて一番にみたのはこの映画。
宮沢りえのかわいいことこの上なし。

人を愛すること、
写真(映画)を愛すること。

形ではなく、心で純粋に何かを愛する気持ちを
伝えてくるこの作品は
私たちに投げかけてくる。

本当の愛は頭で考えたものではなく、
心で感じたものだと。

この作品からは、そんな気持ちと郷愁を感じさせる。
posted by CHIE at 14:51| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

ハイスクールミュージカル2

2の見所は、お姉さんの金魚の糞だった弟が
成長を見せるところ。

音楽やダンスを含め、単純に物語を楽しめる。

元気になれる作品。
posted by CHIE at 15:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ウェディングプランナー

キャリアウーマンであり、最高のウェディングプランナーである
主人公。でも、恋愛の方はなかなかうまくいかない。
そんな主人公は物語終盤に

「おとぎ話のようにはいかない。」

そう言った彼女が愛する人と最後は結ばれていくこのお話。
こんな典型的なシンデレラストーリーが嫌いな人も
いるが、私は大好きだ。

夢見る少女じゃいられない・・・。
けど、いつまでたっても少女の心でいたい。

映画や小説、漫画や芝居の楽しみはそのものに触れれば
大人も少年、少女に戻ることができるちょっとした
魔法があるように思います。

posted by CHIE at 10:26| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

ハイスクールミュージカル

テレビでやっているのを少し観て、注目していた映画です。
キャラクターがまるでアニメーションのようにはっきりしている。

バスケをしながら歌う、踊る。
コミカルでファンキーな作品!!

単純明快!

つっこみをいれなくても観れるけれど
関西のりで観てみるとつっこみどころ満載!
posted by CHIE at 23:29| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

太陽

イッセー尾形が出ている昭和天皇を描いた作品、『太陽』。
戦前、神の存在とされていた天皇が人間であることを
描いた作品。

難しい台詞そして、天皇を演じる
イッセーの人間ではないような表情や周りの雰囲気、
作り上げられた習慣。

その彼の心の変化が見事に演じられ、
だんだん人間味を感じてくる。

心理描写とともに、エンディングでは
天皇が背負っているものを感じずにはいられない。


posted by CHIE at 22:35| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

午後の遺言状

大俳優達が出ているこの作品。

監督新藤兼人とその妻である乙羽信子さんが出演されているが、
彼女はこのとき既に癌であることを知っていた。

このラストシーンを見れば、夫である監督と妻である女優の
「生きる」意志が伝わってくる。
posted by CHIE at 23:33| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

八日目

本当の純粋ってなんなのだろう。
この映画の中には「純粋」がある。

純粋は時に残酷で
純粋は時に苦しい

ダウン症の青年と
仕事に明け暮れているサラリーマンのお話。
posted by CHIE at 23:20| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

博士の愛した数式

最高傑作★★★★★
数学は詩的な文学と非常に似ていると感じた。

今という時間の中に永遠はある。

映画を見た後、なかなか眠れなかった。

直線の定義には「はじまりも終わりもない」。

私が普段悩んでいることが小さなものに感じた。

誰かと過ごすことの素晴らしさ。

この映画の中には人と過ごす時間を感じさせてくれる。

posted by CHIE at 22:49| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

スパイダーマン3

スパイダーマン3を観てきました。
劇場で2も見たのですが、今回も涙してしまいました。
ネタバレしてはイケナイので多くは語りませんが、

ピーターのおばさん。ハリー最高!!
ハリーとピーターの目の演技が最高!!
です。

「え?」と思った部分もありましたが、
ジャズ喫茶のダンスシーン好き!!

十分楽しめました!!

上映時間が長かったのは・・・
4を作る予定だったものが3で終わりになるからなのかな?
寂しいですが、3で終わりのようです。
posted by CHIE at 00:27| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

『グーニーズ』

少年達が自分たちの街を守るため、
宝探しに行くおはなし。

スピルバーグ監督の作品で、知名度の高い作品のようだが、
私はまったく見たことがなかった。

グーニーズというのは、生き物の名前かとおもっていたら、
ビートルズのようなグループ名だった!!


posted by CHIE at 23:31| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ハウルの動く城

今日は『ハウルの動く城』みました。
スタジオジブリの作品の中でも
私はこの作品はとてもポップで色使いがカラフルな作品だと思いました。

posted by CHIE at 23:01| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。