2007年01月15日

不安で悲しいことがあった。

不安で悲しいことがあった。
不安を打ち消すために。
漫画を読んだ。
友人と沢山芝居の話をした。衣裳を沢山考えた。
ブログに不安だという言葉を書いた。

そしたら、私はこの不安な気持ちを
誰かに気付いて欲しいことに自分で気付いた。
私はきっとかなりの寂しがりやなんだ。
posted by CHIE at 23:36| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

自然の中に

どこか日常を離れて旅に出たい
自然の中にいる自分を感じたい

自然の中にある時間を感じたい
posted by CHIE at 22:58| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

バトンって?何?

バトンってよくわからなかったのですが、
リレーのバトンみたいなものみたいですね?
つまり誰かにまわせばいいようですね。

●0- このバトンを回してきた人はどんな人?
(ねこむらさきさん)は楽しいことが大好きな女の子ですね。
自分の大好きなことにひたすら熱心で努力を惜しみません。


●1- 回す人5人を最初に書いておく
   えっと・・・考えさせてください。

●2- お名前は?
   CHIEです。
      
●3- おいくつですか?
   24です。

●4- ご職業は?
   いえない仕事ではないのですが、秘密です。
   
   仕事とまだいっていいのかどうかわかりませんが、
   劇団演陣で劇団代表、作・演出・役者などをやっております。
   
●5- ご趣味は?
    日によって趣味は変化するのですが、
    天気のいい日は散歩とかサイクリングとかお昼寝、買い物。
    雨の日は映画を見たり、本を読んだり、お部屋の掃除(?)

●6- 好きな異性のタイプは?
    一緒にいて優しい気持ちになれたり
       喜怒哀楽を共有できたり
       一生懸命になってしまう人かなぁ・・・。    

    容姿は・・・柳葉敏郎さん♪とか 男っぽい方好きです。

●7- 特技は?
   想像と創造 (?)

●8- 資格、何か持ってますか?
   ホームヘルパー2級

●9- 悩みは何かありますか?
   悩むことはありますね。

●10- お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
   好き→チーズケーキ・チョコレート・ポテトサラダ・オムライス
   嫌い→セロリ

●11- 貴方が愛する人へ一言
     体に気をつけてくださいね。  

●12- 回す5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。
  まわす人を考えるって難しいですね。ちょっとお待ちを!!
posted by CHIE at 23:41| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

家族の風景

私は「家族」を感じると心が温まり、涙が出る。

電車で父親が子供を抱いて座っていた。
二人は今日一日遊び疲れたのか、ぐっすり眠っていた。
こんな「家族」の風景に私は単純に感動する。

私には二つの家族がある。
私が今過ごしている家の家族。
そして、劇団の仲間達だ。
私は芝居を作りながら時々感じる。
「家族」ってものは血のつながりとかそういうものじゃなく、
何か言葉では表せない温かい感覚や
信じる心があるのではないかなぁと・・・。

posted by CHIE at 21:34| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

大人って

小さい頃は魔法使いも妖精にも、どんなものにだってなることが出来たし、
どこかの国のお姫様になって王子様が自分を助けに来てくれる世界があると思っていました。幼い頃は純粋にどんなものも信じることができました。

けれど、大人になればなるほど魔法使いや妖精も冷静な目でみたり、
「どんなものでも信じられる」というわけではなくなっていきます。

大人になればなるほど夢のような世界やそれに対する感動、なんでも出来るという底知れぬパワーは減っていくのでしょうか?

けれど、私はそんな不安に駆られた時、恩師の言葉を思い出します。

「大人は現実をみますね。だから、童話が物語が必要なんですよ。」

私は社会人になり沢山の不安や現実に直面するようになりました。
特に、通勤の満員電車や毎日の生活で自分に色んな疑問、ひとりぼっちの自分をみつける瞬間もあります。夢の世界じゃない…。
けれどその中でもやはりどこか魔法使いや妖精を信じています。

大人って難しいです。
ただ、私はこう思います。
大人って大人だけれど、ある世界に触れれば子供であり、
そしてそれがあるから子供達に夢を伝えることが出来るんじゃないかなぁと・・・今日ちょこっと思ったのです。
posted by CHIE at 23:51| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

[ ありがとうって素敵な言葉

学芸員実習の学生さんが4名私の職場にいらっしゃっておりました。
私は先日たまたま帰り道1人の学生さんと一緒に帰りました。

そのとき彼女の研究内容を聞き、とても素晴らしいなぁと
思いました。彼女の研究がいつか成功することを強く願いました。

そんな学芸員実習も本日が最終日だったのですが・・・
今日、その彼女からお手紙をもらいました。

あの時、話を聞いてくださってありがとうございます。
・・と書かれていました。

私はその言葉をみて・・・ありがとうってこんなに心に響く言葉なんだと
思いました。そして、彼女が書いてくれた手紙が本当にうれしかったのです。

ありがとうって本当に人を幸せにしてくれる力があるのかもしれません。
posted by CHIE at 00:47| 兵庫 | Comment(9) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ストレスって

大した苦労もしてきていない私ですが、
時に、「わー!!」と大きな声を出したくなることがあります。
そんなことってないですか?

よく日常で使われる言葉に直すとストレスというものだと多分、思います。

そんな私のストレスは芝居でかなり発散されています。

今は芝居の稽古をよくしている方なのですが…
全然足りないと感じます。

人間って小さなことにストレスを感じたり、
落ち込んだり本当に難しいです。

そんな色んな複雑な感情をこの「ストレス」という言葉は
簡単に説明してしまいます。ストレスって便利な言葉♪
posted by CHIE at 23:39| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

望みと苦しみの関係

四十九日でお寺さんがいっていた言葉で印象に残った言葉があります。
人が苦しいのは望んでいるものがあるからだと。
その望みは自分から生まれてきたものだと。

私はこれを聞いて納得しました。
望むことがあって、それが手に入らないから人は苦しむのだと・・・。
苦しみは自分から生まれてきたものなのだなぁと納得しました。

けれど、私には望みも苦しみ両方なければならないものでは
ないかなぁとも思いました。

望みがあって、毎日を過ごせる。
そして、時に壁にぶつかり苦しむ。
その壁を越えれば次なる希望が出てくる。
そして毎日をまた過ごす。

その望みと苦しみを小さく大きく毎日繰り返し
私は生きているんだなぁ・・・きっと。
posted by CHIE at 23:02| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余裕のかっこよさ

私のいま欲しいもの
「余裕のかっこよさ」
誰かの力になるには
これが必要なのかなぁと思うときがあります。

風邪をひいていたら
寝ているだけで何もできないし、
時間に余裕がなければ
誰かの話を聞くこともでいません・・・。

私はこれを本当にもっている人は多くないかもしれませんが、
時々これを望んでしまいます。
posted by CHIE at 22:54| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

HAPPYをありがとう。

今日、小学校からの友人が職場に来てくれました。
とてもうれしかったです。友人はたまたま来てくれたようなのですが、私は来てくれたということに本当に幸せを感じました。

人間だれしもそういう時はあるのかもしれませんが・・・
ここのところ、私は孤独を強く感じて
考え込んだりする時がありました。
多分、人恋しくなっているのだと思います。

最近、電車で近所の友人にたまたま会ったときもとてもHAPPYでした。
そして、今日の稽古で皆が稽古場で挨拶してくれることもHAPPYでした。
当たり前のことかもしれませんが、人は時に本当に大切な人や場所なのに気が付かなくなったりちょっとしたきっかけでいろんなことが捻くれてみえてしまうことがあるようです。

一人ひとりへの感謝の気持ち、ありがとうの気持ち、忘れないようにしたいなぁ・・・。
posted by CHIE at 00:03| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

恋のドキドキ

私は今、恋をしています。
毎週日曜日にある
『おいしいプロポーズ』というドラマです!!

仕事をはじめるまで余りテレビをみたりしていなかったのですが、
このドラマは毎週かかさずみているんです!

このお話はバンビーナというレストランのシェフとオーナーが
少しずつ心を開きあい、恋に落ちていくお話です。

少女マンガのようなお話だ!って思う人も沢山いるかもしれないけど、
私はそれでも、このドラマを見ながら、二人の恋に落ちていく姿に
ニヤニヤしたり、心配したりしています。

このお話をみていると誰かを想う時間の素敵なことに気が付くのです。

私はだから、毎週このドラマに会えるのをドキドキ
まるでこれは恋?!
posted by CHIE at 22:51| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

まだ、実感がわかない

おばあちゃんが旅立った。
眠るように静かに・・・。


式が終わった後もまだおばあちゃんがいないことに
実感がわかないけれど、

おばあちゃんはたくさんたくさん私を愛してくれていたと
思っている。その愛を大切に明日も一歩ずつ進もうと思う。

ありがとう。
posted by CHIE at 23:11| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

平和バカ?

芝居がないと生きていけない!!
今日仕事に行くときにそう感じた。
けれど、実際のところ芝居がこの世に無くても人は生きていけるだろう…。

だが私は芝居をこよなく愛している。
芝居の中には私と人をつないでくれるコミュニケーションが存在し、
沢山の人の人生や考えが描かれ、そして誰かと時間を共有しているという感動がある。ちょっと小難しく書くとこんな感じだけれど・・・。

簡単に言えば面白いし、面白いものを観てほしい!感動してほしい。
ただそれだけなのだ。

ただ、芝居が無くても生きていけるものということは・・・
そんな芝居がある今の世の中は平和だということなのかもしれない・・。
もちろん沢山の嫌なニュースはある。だから、世の中には芝居はあふれてはいない? 芝居を観ない人も多い。
これはとっても極端な考え方かもしれないが、芝居はきっと平和だと思う。

私は芝居をこれからも続けたいし、沢山の人に観てほしい。
もちろんそれは、芝居が観てくれる人がいないと芝居ではなくなってしまうからでもあるが・・・。
芝居を観ていただけるということは、平和を願うことだからなのかもしれない。ちょっと今日はそんなことを考えた。

posted by CHIE at 22:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

今日も明日も大切に

昨日、桃井かおりのドラマを見た。
癌になったスクールカウンセラーの実話を元にしたドラマである。

それを見て私は「生きること」について考えた。
そして私は「死ぬこと」について考えた。
決して答えが出ることも無い問題をずっと考えていた。

この春、私の尊敬する先生が亡くなった。
私にとってその先生の死は信じられないことで・・・今でも実感がない。

最後にお会いしたとき、
先生はやりたいこと、研究したいこと、体験したいことが山のように
あるといっていた。
「明日への目標」をたくさん持っていた方だった。

そんな前に前に進もうと、
そして生きようとする先生が亡くなったというしらせは私にとって信じられないものだった。

生きることってなんなのか・・・
死ぬってなんなのか・・・。

何も答えは出ないけれど・・・
「明日への目標」をたくさんもち、
今日を一生懸命生きていたあの先生のように、
私も今日を生きたいと思う。
posted by CHIE at 23:08| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

泣く

私は小さいときから泣き虫で
悲しいとき、うれしいとき、寂しいとき、苦しいときなど
感情が高ぶるとすぐに泣く子でした。

高校を過ぎてからも人より涙を流すことは多い子だったと思います。
(何を基準に多い?と聞かれると困りますが・・・。)

けれど、最近きちんと泣いてなかった気がします。
今日少し時間と泣ける場所があったので、泣いてみました。

そしたら・・・心にあったもやもやが少し消え、
木漏れ日のような光が私の頭の中に入ってきました。

泣くことはもしかしたらとっても大切なことなのかもしれません。
posted by CHIE at 22:06| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

力と時間

今日は次の舞台の音響の打ち合わせに会場までいってきました。

そこで私はS劇団の方に「稽古はいつされているんですか?」と軽く質問したところ、
「平日は働いて、土日に舞台の稽古をしているよ」と伺いました。
「休む暇なんてないよ。」と笑いながらいう彼女達が私は輝いて見えました。

私は何か自分がまだまだ勉強不足で、すっごく浅い浅い川を泳いでいたのだと痛感しました。そして私の心に熱いものがこみ上げてきました。私は普段、色々と活動をして忙しがっていますが、S劇団の皆さんの力と時間の感覚からすると自分がまだまだ甘い!!のだと痛感しました。

私は時々、「時間がほしい」とか、「遊びに行きたい」と思うことがあるのですが・・・。
きっと本当は私の過ごしている時間の中に時間はあって、
その時間を私は見過ごしているのだと思いました。
私がきっと時間がほしいと思っている日に私にはきっとのんびりした時間がきっとあったと思います。けれど私は時間を無意識にないものだと考えてしまっていたのだと思います。
ですが、今ここに時間はきちんとあり、それは私の力や感じ方をきっとS劇団のみなさんのようにステキなものに変えることができるのでは!!と思いました。

わけの分からないことを書きましたが、
きっと人にはステキな時間と力がきっとある!!そう思った一日でした。
posted by CHIE at 23:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

文章書くのは苦手

文章書くのが苦手です。
もちろん、メールも正直なところブログも・・・。
いろんなことに悩んだり疲れているととんでもないことをブログに書いてしまいそうで
怖いので時々書いてないときは、ちょこっと疲れているときです。

でも、文章を書くのが得意になりたいなぁとは思っています。
だから、本を読もうと思います。
そして文章を書こうと思います。
それが一番の上達法かなぁと勝手に思っております。
それが私の文章上達の哲学です。

今日は就職の面接に一件いってきました。
内定をもらってはいるのですが、まだまだ可能性があるのなら、
色々知りたい調べたいと思っているのです。
posted by CHIE at 23:26| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

1月17日

1月17日、この日は阪神淡路大震災が起きた日。
朝は黙祷をする。

私は時々考える。
あの日、私は怖さをすぐには理解できなかった。
あの日の怖さを知ったのはすぐではなかった。

私は時々考える。
私が今できることは何なのか・・。
この日を忘れないこと。
そして、祈ること。
そして、伝えること。
posted by CHIE at 22:49| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

京都の町並み

今日は京都を歩き回りました。
京都の町並みを見ていて一つ気が付いたことがあるのです。
京都は歩いているだけで何か温ったかい・・・・。

100_0019.JPG

気温のことではなく、何か建物や空気が・・ほんのりやさしいのです。
そして芸術にあふれている・・・。
私は京都を歩きながら、

いつか住むなら温かさのある街にすみたいと思いました。
それは気温ではなく、心の温かさがある街です。

もちろん、いま住んでいる街もとても温かいです。
posted by CHIE at 23:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

話をすること

今日、大学院の授業後、大学院の学生さんとお茶に行きました!!
大学院に入ってから授業後にお茶にいくなんてことがなかったので、
本当にうれしかったです。

何故「大学院の学生さん」とわざわざ書いたかというと、
その方は他の大学から、私の大学院に授業を聞きにきている方でなんと主婦でもあるのです!!

その方はスペイン語を始め色々な言葉についてや文学の研究をされている方で、
とってもステキな学生さんです。
主婦業をこなしながら大学院に通っているようですっごくパワフルでお話もおもしろく、
憧れの存在でもあります。(来年度は家族でアイルランドで生活をするそうです。)
そんなステキな方から人生のお話が聞けて今日はとってもとってもHAPPYでした。

私は友人にこういうことを言われたことがあります。
「人の話を聞くことは本を一冊読むのと同じくらいの価値がある。」

人と話をすることは人生の宝箱だと思います。
今日お話をきいて本当に楽しかったです。
そして自転車で家に帰りながらこう思いました。
もっともっと沢山の人と話がしたいと・・・。
そして沢山の輝きをみせてもらいたい!!そう強く思った一日でした。



posted by CHIE at 23:24| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の哲学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。